不動産の基礎知識を確認し上手に選びましょう

  1. ホーム
  2. 相続した不動産

相続した不動産

模型と硬貨

利用方法と価値を知る

最近熊本でも空き家が問題になっています。これは相続人が居ない、親が住んでいた家を相続したが既に自分で家を建てているため、親が住んでいた家を利用するつもりはない、相続人が複数いて処分についての意見が纏まらない、建物内のごみ処理や管理をどうしたらよいのかわからないなどが主な理由です。相続人が居ない場合は別ですが、それ以外の場合は、相続の問題、不動産管理の問題、不動産売却の問題、ごみ処理の問題など不動産業者に相談することで、どこの相談に行けばよいかと悩まなくてもその不動産業者を窓口として相続の問題は司法書士や弁護士を、ごみ処理については産廃業者を紹介してもらえます。そして、不動産管理や不動産売却に関しては不動産業者はその道のプロですから、その不動産に応じて貸した方が良いのか、売却した方が良いかのなど適切なアドバイスをもらえます。相続によって所有権を得ることによって、毎年固定資産税、草刈りなどの負担が発生します。ただ所有しているだけでは何も生み出しません。多少のリフォーム代はかかっても手直して貸した方が得か、売った方が得かなど相談してみることでその不動産を有益に利用できます。特に不動産売却の場合には、熊本の不動産を買い取ってくれる業者や熊本の不動産を査定しくれる不動産業者は多数ありますので、所有する不動産の価値を知るという意味からも一度相談してみることはとても大切です。熊本でも業者に不動産売却するケースがとても増えてきているのは、売却に関する面倒な手続きや仕事の一切を不動産業者に任せることが出来るからです。